若返りホルモンをドバドバ出す方法5選

若返りホルモンとは?どんな働き?

 

 

みなさん、若返りホルモンというものをご存知でしょうか。え?若返り?そんなこと出来るの?と思った方。出来るんです。しかも毎日の心掛けで作り出せるんです。まず若返りホルモンには、DHEA(デヒドロエピアンドロステロン)、テストステロン(男性ホルモン)、エストロゲン(女性ホルモン)、メラトニン、成長ホルモン等があります。

 

若返りホルモンの働きは、

 

  • 肥満の予防
  • 筋肉の維持や強化
  • 美肌効果
  • 記憶力の改善
  • 骨粗鬆症の予防や改善
  • 発毛や抜け毛予防
  • アルツハイマー
  • 不妊治療

 

などがあげられます。

 

若返りホルモンを出すには?

 

空腹時を作る

 

空腹になると胃袋からグレリンというホルモンが出ます。グレリンの語源は英語のgrow=成長です。グレリンは脳の下垂体に働き、成長ホルモンを分泌させます。さらにおなかが減るとお腹が鳴ります。その時にサーチュイン遺伝子という通称、長寿遺伝子が働きだします。この遺伝子は体中の遺伝子を修復してくれます。空腹になりお腹が鳴りはじめると、肌や血管など綺麗に若返っていることになるのです。

 

スクワットをする

 

スクワットをすると筋肉刺激がスイッチになって成長ホルモンの分泌が促されます。スクワット?しんどそう〜。と思ったあなた。スクワット15回は腹筋500回に匹敵する筋肉量が増えます。となるとスクワット30回で腹筋1000回分!?テレビを見ている間あなたは何をしていますか?ゴロゴロ寝転がったり椅子に長時間座っていたり。その時間で腹筋1000回...いやスクワット30回をしてみませんか?これはやるしかありません。

 

睡眠をとる

 

寝る前に気を付けていただきたいのがスマートフォンの利用です。パソコンやスマートフォンなどの電子機器の画面からはブルーライトと呼ばれるエネルギーの強い光が出ています。交感神経が活性化し脳が興奮してしまうため、寝つきが悪くなってしまいます。

 

出来るだけ夜は電子機器の使用は控えて、就寝前は部屋を暗くして睡眠の準備をしましょう。十分な睡眠時間をとることは若返りホルモンが分泌するためにとても大事です。睡眠中に1日の成長ホルモンの70%が分泌されると言われています。上質な睡眠をとることは若返りホルモンをつくるのに必須なんですね。

 

恋をする

 

女性は恋をすると綺麗になると言われています。そんなの迷信でしょ?と思ったあなた、これは科学で証明されています。これは女性に限らず男性にもあてはまり、綺麗になるだけでなく若々しくなれるというのです。恋に限らず何かに夢中になるということはやはり若さの秘訣ですよね。

 

DHEAを高める

 

DHEAは大豆などに含まれるイソフラボンを摂ると増加し、納豆やイワシなどの青魚、山芋などの食材にも含まれています。またDHEAは自分で分泌させることが可能です。それは運動をするだけです。スクワットをはじめとする筋肉トレーニングがDHEAを増やす一番有効な方法です。筋肉だけでなく内臓や脳、骨や肌すべてを若々しく保つことが出来ます。

 

まとめ

 

いかかでしょうか?

 

  • 空腹時を作る
  • スクワットをする
  • 睡眠をとる
  • 恋をする
  • DHEAを高める

 

ほんの少しの心掛けで、自分の体内から若返りホルモンがドバドバ出るんです。

 

日本では治療以外でDHEAを摂ることは出来ませんが、アメリカなどではサプリの販売があり治療以外で外部から摂取する方法もあります。しかしサプリで過剰に摂ってしまうとニキビが出やすくなったり、月経不順になったり、体毛が濃くなる可能性があります。

 

若返りホルモンは毎日の生活習慣やライフスタイルの改善でより分泌され内側も外側もきれいにしてくれます。若返りホルモンをドバドバ出して、いつまでも美しく健康でいるために、無理せず出来ることから始めてみませんか?